置かれている環境によってピアノの状態、寿命は全く変わります

ピアノの部品の大半は、

木、金属、フェルト です。

これらの材質は温度、湿度によってすぐに状態が変わります。
たった数ミリ、もしくはそれ以下でも、部品の状態が変わるとピアノは歪んで狂います。

歪みを少なくしなるべくピアノに負担をかけないためには適正な環境をつくることが必要です。

そうすると音が狂いづらくなり、弾き心地が変わりづらくなり、長期間快適にピアノを弾くことができます。
負担が少ないと結果的にピアノが長持ちします。

温度20〜25℃
湿度50〜60%

これが理想的な温度湿度の環境です。

正直・・・生活をするご家庭の中でこれを完全に維持するのは難しいと思います。
たとえば冬は寒い夜中から朝になれば暖房をつけ、温度が上がります。
昼間になれば日が入り乾燥が進みます。
お料理をすれば湿度が上がりますし、人の出入りでも変わります。

ですが、少しでも適正な環境を“目指して”頂くだけでも全く違いますので、是非温度と湿度に気をつけてみてください。

まずは温度・湿度計をご用意してお部屋の環境をチェックしてください。
ほとんどの季節で理想の温湿度から外れていると思いますので、各冷暖房器具や、加湿器、除湿機での調整をしてください。

※加湿器、除湿機は方式によってピアノへの向き不向きがあります。
今後特集に追加する予定ですが、ご連絡頂ければ直接ご相談させて頂きます。