料金:作業料金はこちらでご確認ください

掲載のご協力を頂いたお客様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
今後も代表的な事例を順次追加予定です。
※記載の料金は作業当時の価格となります。

CASE1:調律回数が少なく長年空いてしまったピアノ

埼玉県川越市 A様
YAMAHAアップライトピアノ(1979年製)

調律の空き年数:25

ピアノ内部の記録をチェックしてみると、ご購入が昭和53年3月、次の調律が昭和54年7月、そして昭和55年8月を最後に調律はされなくなっていました。
もちろん音は大きく狂い半音近く下がっていて、部品の調整も不揃いなため鍵盤が重かったり軽かったりとバラバラな状態でした。
また、空き年数には関係なくこの年代のYAMAHAのアップライトピアノに多い「フレンジコード」という内部の紐が劣化により切れてしまっていたためタッチがふわふわとして連打がしづらく、バネが他の部品に当たって雑音もしています。

ひとまずは内部の掃除からはじめタッチを調整して揃え、調律をして初回の作業は終了。その後改めてお伺いしフレンジコードの貼り替えも行いました。

ご購入からの調律回数が少ないピアノは狂った状態で固まってしまっています。
幸い他の故障などはなかったため、しばらくは調律のみを半年ごとに行い「ほぐす→合わせる→狂う→ほぐす」と根気よくリハビリが必要になっています。

【作業内容・料金】
〈初回〉
調律(アップライトピアノ)12,000円
タッチ調整         4,000円
ペダル潤滑           0円
鍵盤潤滑            0円
内部の清掃           0円
乾燥剤・防虫剤       2,500円
合計           18,500円 (作業時間:2時間)

〈2回目〉作業時間の関係で2週間後に再度作業致しました。
フレンジコード交換    20,000円(作業時間:2時間)

総合計     38,500円

お客様のご感想

ピアノの先生のお薦めでおねがいしました。すぐに対応して頂き丁寧に診断、調律をしてもらいました。
見つかった不具合も時間をおかずに修理を終え、今はとてもきれいな澄んだ音が嬉しくてたくさん練習しています。
ありがとうございました。またお願いしますね。

IMG_2228.JPG切れたフレンジコードと曲がったバネ。タッチがふわふわし連打がしづらい、雑音の原因など問題が多数発生します。
IMG_2427.JPGフレンジコード貼り替え前
IMG_2429.JPGフレンジコード貼り替え後IMG_22522.jpg調律の記録は数回のみでした

クリックすると拡大します。

CASE2:たまに音が出ない

東京都練馬区 Y様
YAMAHAアップライトピアノ(1979年製)

調律の空き年数:11

たまに出ない音があるとのことで湿気による故障を心配しましたが、原因は真ん中の弱音ペダルの調整がずれ、下がりすぎたフェルトにハンマーが引っかかっていたという軽度な症状でした。「音が出ない」という症状ひとつを取ってみてもピアノを開けてみると原因は様々です。今回のケースは一番軽度ですのでペダルの調整ですぐに直りました。

前回の調律からピアノのご移動もされているため他にも多数のネジの緩みがあり、それらを締め直すだけでも音がグッと締まりました。
ご移動、11年の空きによってピアノの状態が不安定なため、しばらくは半年ごとの調律をお勧め致します。

【作業内容・料金】
調律(アップライトピアノ)12,000円
ネジの増し締め         0円
ペダル潤滑、調整        0円
鍵盤潤滑            0円
内部の清掃           0円
乾燥剤           1,500円
合計           13,500円 (作業時間:2時間)

お客様のご感想

約11年ぶりの調律でしたので、色々な箇所の修理等発生してしまうのではと少々不安でした。
ピアノの細部まで掃除をしていただき、また様々な調整などにも対応してくださり、本当に美しい音色に生まれ変りました。
アップライトピアノでもこんなに美しい音を出せるのが、夢見たいです。
調律していただいてから数日経ちますが、以前よりもピアノに向かう時間がうんと増えて、親子で楽しく弾いています。
また半年後くらいに、お願いできたらと思っています。
今後ともよろしくお願い致します。

IMG_2272 のコピー.JPG音を小さくするフェルトが通常の位置よりも下がりすぎて引っかかっています。
IMG_2275.JPG調整でフェルトを正しい位置に。ペダルの効きも良くなります。IMG_2271.JPG鍵盤下の掃除と同時に根本に潤滑剤を塗ります。

クリックすると拡大します。

CASE3:少しずつ手入れを

東京都清瀬市 M様
YAMAHAアップライトピアノ(1979年製)

調律の空き年数:15

大きな故障は無く、音の狂いも空き年数から考えると比較的少なめでした。
ただネジの緩みが大きく、弾く音によっては緩んだ部品が動き“カチャカチャ”と雑音が鳴っていました。ネジの緩みは多くの不具合や弾きづらさの原因となりますので、単純なことですが重要な項目です。

長年のご使用で潰れたハンマーにより音が粗くなっているため、今後は状態を見ながら「ハンマーファイリング」という整形作業を行っていく必要があります。
ピアノのメンテナンスにもすぐに行わないと問題のあるものと、様子を見ながら行っていくものがありますので、使い方などをご相談しながら長い目で見て進めていきます。

【作業内容・料金】
調律(アップライトピアノ)12,000円
ネジの増し締め         0円
ペダル潤滑・調整        0円
鍵盤潤滑            0円
内部の清掃           0円
乾燥剤・防虫剤       2,500円
合計           14,500円 (作業時間:1.5時間)

お客様のご感想

鍵盤も滑らかになり、音も綺麗に響き、楽しんで弾けています。
次回はハンマーファイリングをお願いしたいと思ってます。よろしくお願いいたします。

IMG_2615.JPG15年前の乾燥剤。すでに効果はありません。
IMG_2623.JPG緩んだネジは雑音の原因にもなります。IMG_2617.JPG長年使い込まれたハンマーは今後整形でより良い音に。

クリックすると拡大します。

CASE3-2:半年後のメンテナンス

おすすめした半年後に2回目の調律と、「ハンマーファイリング(整形)」のご依頼を頂きました。
長年の使用で潰れたハンマーを削り、形を整えます。
さらにハンマーの傾きや左右のズレを修正して、全てのハンマーが全ての弦をまっすぐ叩くように戻します。
全ての音がバランスよく鳴るようになり、弦への負担も減って音色が豊かになりました。

【作業内容・料金】
調律(アップライトピアノ)12,000円
半年調律割引       -2,000円
ハンマーファイリング   15,000
合計           25,000円 (作業時間:3時間)

お客様のご感想

「今までは弾いたつもりの音がしっかり鳴らずに抜けて感じたりしていましたが、全ての音が思い通りにしっかりと鳴るようになりました!」とコメント頂きました。

IMG_3789.JPG削る前のハンマー。 先端(上部)に3本ずつ弦の跡がくっきり。
IMG_3792.JPG削っている途中。左半分が削ったハンマーです。IMG_3793.JPG削り終えたハンマーは新品の時のような見た目と質感に。

クリックすると拡大します。

CASE4:見た目もキレイに

埼玉県上尾市 S様
YAMAHAアップライトピアノ(1985年製)

調律の空き年数:26

はじめはお見積りのご相談でした。
お伺いして点検すると、長期間使われていなかったようで鍵盤の下のクッションの虫喰い、金属部分のサビがあり、ネジの緩みや鍵盤のあそびも多いため、グラグラとしたタッチで非常に弾きづらくなっていました。
外装も長年のホコリや油などが固まり、艶がなくなっているのがキレイになれば・・・というご相談も頂きましたので、調律に加え内部のサビ取りと虫喰い部品の交換、タッチ調整、外装のクリーニングのお見積りを出させて頂きました。
さらにピアノを置かれていた畳用の敷板を大型の耐震ゴム製インシュレーターへ交換、お子さんが怪我をされないよう、鍵盤蓋がゆっくり閉まる装置の取り付けもご希望でしたのでそちらも併せてお見積り。
出張お見積もり時には内部の簡易清掃(掃除機と雑巾で可能な範囲)を無料で行わせて頂いております。

後日正式にご依頼を頂きましたので、丸一日お時間を頂き作業となりました。
弾き心地や音はもちろん、見た目もキレイになってピアノが生き返りましたね。

【作業内容・料金】
〈初回〉
出張お見積り           3,000円
内部の簡易清掃            0円
合計               3,000円(作業時間:1時間)

〈2回目〉
調律(アップライトピアノ)12,000円
ネジの増し締め・鍵盤のあそび調整 3,000円
鍵盤サビ除去・潤滑        5,000円
バランスパンチングクロス交換   4,000円 (鍵盤下のクッション)
外装クリーニング         22,000円
耐震インシュレーター(取付費込み) 18,000円
フィンガード (取付費込み)     7,500円 (鍵盤蓋がゆっくり閉まる装置)
フィンガードお値引き        -500円 (外装クリーニングと一部重なる作業があるため)
乾燥剤・防虫剤           2,500円
出張お見積もり後お値引き     -1,500円 (出張お見積り後にご依頼頂いた場合適用)
合計               72,000円(作業時間:7時間)
総合計              75,000円

お客様のご感想

今回、数十年使ってないピアノが実家に置きっぱなしになった状態でしたが、娘がピアノを始めるにあたりかなり汚れておりましたが思いきって実家から上尾市に運び出しました。
数ヵ所の業者に状態確認、見積りにきていただき、金額や対応など全ての面で安心できると思いここにきめました。今回はクリーニング&調律をお願いしましたが仕上がり良くしていただき感謝です。

IMG_3281.JPGクリーニング前IMG_3311.JPGクリーニング後
IMG_3287.JPG虫喰い&サビIMG_3298.JPGペダルもピカピカに
IMG_3286.JPGロゴもサビてぼんやりIMG_3309.JPG新品の様になりました
IMG_3532.JPG作業時のメモ。一日作業なので段取りが重要です
IMG_3321.JPG蓋がゆっくりしまるようになり安全です ※アップライトピアノ専用。一部取付けの出来ない機種がありますIMG_3284.JPG【Before】本来は畳の上に置く際に沈まないようにするための板ですIMG_3323.JPG【After】足元がしっかりすると安全なだけでなく音もよくなります
IMG_3326.JPGお部屋が写り込むほどピカピカになりました

クリックすると拡大します。

CASE5:ヤマハ、カワイ以外ももちろん

埼玉県鶴ヶ島市 O様
TOKAIアップライトピアノ(1980年製)

調律の空き年数:34

ご購入後ほとんど使われていなかったというピアノのメンテナンスです。
メーカーは今はギターをメインに作っている東海楽器が「GOLD STAR」というブランド名で出していたピアノです。
まずはお客様も気になられているハッキリとした不具合が「出ない音がある」という症状。
分解してみると、[センターピン]という、動く部品の[軸]がガチガチに固まっていました。
太さ1mmほどの細い金属製のピンを抜いて、ピンが入っている穴を削ってキツさを調整、新しいピンを差し込みます。
木やフェルトが膨らんだり、金属製のピンの滑りが悪くなることで起こるこの症状は、音が出ない故障の際に一番多い原因です。

また、長年メンテンスされていなかったことにより鍵盤〜ハンマーまでの様々な部品の隙間が広がってしまっていて、鍵盤を押した際にハンマーに力が適切に伝わらず、思った通りの音が出せないタッチになっていました。
それぞれ適切な位置に調整し、1の力で弾いた時には1の音、10の力で弾いたときには10の音が出て、思い通りに弾きやすいタッチになりました。
当然調律も大きく狂っていましたので、当日3回ほど調律をして、ひとまず正しい音程になっています。

ヤマハ、カワイ以外にも良いピアノはたくさんあります。
手作業で作られた部分も多いそういったピアノは、よりピアノごとに合ったメンテナンスが必要になります。

半音くらい音が下がっていましたので、今後は数回、半年ごとの調律を行うことでだんだん音程が安定していき、音質もより繊細な範囲までの調律が可能となっていきます。

【作業内容・料金】
調律(アップライトピアノ)12,000円
タッチ調整         8,000円(各部品の位置を調整)
センターピン交換      1,000円 (音が出ない症状2箇所)
乾燥剤・防虫剤       2,500円
合計          23,500円(作業時間:3時間)

お客様のご感想

ピアノのことは全く分からず、最初に市内の楽器店に相談したところ、ヤマハ、カワイ以外は扱わないとのことで断られてしまいました。古いピアノで、音の出にくい鍵盤があることもあり、調律は難しいのかと心配になりましたが、ホームページで見つけたつくしピアノ調律所に問い合わせしたところ、見ていただけることになりました。
古いピアノで費用も心配でしたが、最初に概算の見積もりを詳細な項目で提示していただいたので安心してお任せすることができました。
当日は3時間かけてとても集中した様子で調律をしていただき、またピアノの構造などのお話をお伺いでき大変参考になりました。調律されたピアノは響きが良くなり、音も大きくなったように感じます。弾きやすくなったのか小1の娘のピアノに向かう時間が増えたように思います。
今後もよい状態を維持して使えるよう、継続して診ていただければと思います。
ありがとうございました。

IMG_5562.jpgロゴはGOLD STARIMG_5558.jpg東海楽器という国内メーカーのピアノです(現在はピアノはつくっていません)IMG_5559.jpg色々な作業をするので工具も色々と使いますIMG_5548.jpg可動部品の軸(右下)が固まって音が出なくなっていますIMG_5551.jpg分解してピンを交換しますIMG_5557.jpg弾きやすさには鍵盤〜ハンマーまで、各部品に力が適切に伝わるかどうかが重要です

クリックすると拡大します。